スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted at --:--:-- | スポンサー広告 | コ:- | ト:-

2005年07月19日

テストは忘れた頃にやってくる

明日から金曜まではテスト週間です。
その中には口頭のテストあり、法律のテストありで少し気が狂いそうになりますね。
尚且つメインのフランス語は石原さんの発言でちょっとおかしな状況に置かれていますしね。
石原都知事の言いたいことは確かに分かるんです。
実際フランス語を学んでいて数の数え方に違和感を持ったのは確かです。
ただ忘れてはならないのがフランス語は古い言語である(それが悪いということではなく、単なる事実として)ということです。
確かに数の数え方は不自然かもしれませんが、それも先人が知恵を振り絞った結果であるんですよね。
あともう一つ忘れてはならないと思うのが、自分達が日本人であるという点ですね。
自分達の使用してる日本語ってやつは不思議な言語で、多言語のよいところは強欲に取り込む傾向があります。
その結果として「フランス語のような不自然さ」はなくなるんですが、冷静に考えると平仮名、片仮名、漢字、ローマ字なんていう沢山の文字が共存している状況というのは不自然以外のなにものでもないでしょうね。

これはまた別の話ですが、フランス語、及びフランス文学を学ぶこと、それ自体には意味があると自分は思います。
例えば、今人気のある村上春樹ですが、彼は日本文学の流れではありません。
他国の文学に影響されて発展させたのが彼の作品だと思うのです。
フランス文学にも沢山の名著があります。
この名作たちに影響されて春樹氏のように発展させることは不可能ではないと思います。
なにより、学んでいる方が少ないので独自の視点の開眼につながる可能性もありますしね。

それではそろそろ机に向かおうと思います。
勉強は大変ですが、あの本当に集中できたときの自分の中に降りていく感覚は嫌いではありません。
常にそこまで集中できれば勉強も苦ではないのですがね。
スポンサーサイト

Posted at 01:15:00 | 一般 | コ:0 | ト:1

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

  • スポンサーサイトテストは忘れた頃にやってくるのトラックバックURLはこちら
  • http://siampierrot.blog14.fc2.com/tb.php/52-e109fd36
いいのかよ~、こんな人が知事で 人気ブログランキング参加中

2005/07/19 03:42:05 | おフランスざんす

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。