スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted at --:--:-- | スポンサー広告 | コ:- | ト:-

2005年06月30日

文体

大学のサークルの関係でもう一つブログを掛け持ちすることになったのですが、そのことで現在困っています。
何について困っているかというと文体についてです。
文章を書く際には様々な文体があります。
たとえば語尾だけでも「だ」「です」「である」など様々なものがあり、それがあまりに不規則に乱立していると醜い文章とみなされることが多々あります。
自分が文章を書く際にはこの選別は気分と内容によって決めています。
「である」とか「だ」等の語尾はどちらかというと調子が強くなってしまうので何か主張等をしたい時に使います。
ただ実際文章を書く際にはですます口調が単調にはなりがちですが使いやすいので「です」を用いて文章を書くことが多くなっています。
このくらいの問題ならよいのですが、今回のは違います。 実は周りの先輩や同輩が話し言葉に近い感じのどちらかというとフランクな文章を書くのです。
自分は結構型にはまったガチガチの文章を書くのでそういった感じの文章を書くのが苦手なんです。
でもあんまり堅い文章を書くのもどうかなと思い、そちらのブログではなるべくフランクな感じの文章を書いて、こちらでは素の文章を書こうと思ったら・・・わけ分からなくなりました(TT)
文章を書くのってやはり難しいです。
どうしてもフランクな感じの文体に行き詰まったら、素の文体に戻すしかないかもしれませんね。
スポンサーサイト

Posted at 18:56:49 | 一般 | コ:1 | ト:0

2005年06月29日

子どもの頃に信じていたこと

ええと、かなり小さい時のことですが波動拳かかめはめ波あたりを本当に出せるのでは?と考えていた時期がありました。
今思うと非常にアホな話なんですが、かめはめ波なんて構えについての細かい図説があった気がしますし、実際出せるかもと思って試してみた方は多いのでは?
そんな自分にも転機が訪れます。
それが映画版ストリートファイターです。
アレの中に出てくる波動拳を見て幼い頃の自分は思いました。


「これなら出せなくてもいいや」と。

Posted at 00:43:30 | 一般 | コ:9 | ト:0

2005年06月28日

増田ジゴロウ引退

sakusakuという番組をご存知だろうか?
テレビ神奈川等で放送されている人気番組なのだけど、その番組の人気マスコットである増田ジゴロウというキャラクタが引退するらしいのである。
くわしくはこちらのエントリを読めば分かるのだけれどどうやら権利関係のトラブルらしい。
ジゴロウは多くの人に愛されていて、「ジゴロウは何回歌歌ってもうまくならないんだよな」などと暖かい目で見守られていた。
そんなジゴロウがそんなくだらない権利関係なんて問題でいなくなってしまうのはとても残念であり、遺憾である。
ジゴロウに是非自分の大学の歌を歌って欲しかった。
どうせ大学の歌だから、メタル調子になって「ダーイ」とか叫びまくるのだろうけど(笑)
なんだか、そんなことも今となっては微笑ましい。
自分達は忘れなてはならないのだと思う、どうしてジゴロウが消える羽目になったかを。
そしてできるならもうこれ以上こんなことは繰り返したくないものである。


参考リンク:<増田ジゴロウの件について>

Posted at 04:32:01 | マルチメディア | コ:3 | ト:0

2005年06月28日

総務省、実名でのネット活用促す

実名でのネット活用促す 総務省「悪の温床」化防止
なにかまたトンチンカンなことをやっているようですね。
”匿名性が低いとされるブログ”うーん、まぁ確かに低いと言えば低いんだろうな。
でも、それでもブログが実名でしか運営してはいけないとかなったら自分はブログの運営をやめてしまうだろう。
匿名性といえば2ちゃんねるがすぐに思い浮かぶのだけど、あそこには匿名性の持つ光と影が両方とも潜んでいると個人的に思う。
あそこでは匿名性の持つ暴力性が明確に見て取れることもあるし、電車男(結構インチキクサイ気もするが)みたいに匿名性のケミストリーによって何かが産まれたりすることもある。

自分はネットも道具の一つであると考えている。
道具は使い方を誤れば、人を傷つけたりもするが、使い方によっては重要な仕事をする。
大人たちがすべきはいたずらに規制することではなく、ネットという道具のもつ刃物のような繊細さを伝えていくことだと思う。
何かに対して門戸が開かれている、これほど重要なことはないのだから。

Posted at 03:44:49 | マルチメディア | コ:10 | ト:3

2005年06月28日

文型生は理系の夢を見るか

自分が文型を志した理由は一つである。
要するに理系の教科が出来なかったのだ。
高校に入ってから数学は置いていかれるし(その置いていかれかたと言えば、恒等式でもうわけがわかんなくなってるレベルだった。)、科学はモルの概念が意味ワカランだったし、物理はさらにひどい。
物理は発想力と閃きの教科だったから最初はそんなに難しくなかったのにも関わらず、サボりにサボって置いていかれてしまったのだ。


そして自分の中に一つの発想が生まれる。


(自分は数学が苦手なのではないか)と。


いやそんなことはずっと前から気が付いていた。
ただそれを認めずに努力でカバーするだけの気概が以前の自分にはあっただけだ。


人間は相対の中で生きている。
これをこの身で嫌というほど感じ取ったのは高校に入った後だ。
中学で常に成績優秀者上位五人に入っていたであろう自分は高校へ入ってあっという間に、成績不良者になってしまった。
自分は井の中の蛙だったのだ。
一時期は本気で死にたいと考えていた。
勉強ごときが出来ないくらいで死にたいと考えるのは間違いなく間違っている。
でもだからといってどうしたらいいのだ。
それまで「勉強が出来る人」という脆弱なアイデンティティしか持っていなかった自分からそれを取ったら何が残るというのだ。


何も残りはしない。
何も。
そんな自分でも皮肉なことに国語の成績だけはなぜか伸びていった。
それで自分は自分の才能に身を委ねるという安易な道を取ってしまった。
しかし理系に進みたかった自分は本来やりたくない文系の教科に最初魅力を感じなかった。
文系なんて口上を述べているだけで実行力のない胡散臭い集団のように感じていたのだ。
しかし、その考えかたにも変化が訪れる。
その最も大きな原因は尊敬できる教師に出会えたことだろう。
正直教師なんてみんな馬鹿でやる気のないやつばかりだと思っていた。
しかしその教師は考えが自分よりも数段深いうえに、恐ろしかった。
暴力をふるうわけではない、ただ人としての器の大きさの違いが恐ろしかったのだ。
そしてその教師に会ってからは文系教科を心から面白いと感じるようになり、大学にも進学することが出来た。
今なら文系学生として「理系なんて0+0も証明出来ない学問じゃん」(定理と言われればそれまでだが・・・)と言うことも出来よう。


しかし、しかしだ。
自分はやっぱり出来ないとしても理系の教科が好きで、分かるようになりたいのだ。
文系が楽しくなってからもその思いは常にあった。
で、先日ふと思いたった。
「出来ないなら、やればいいじゃん」と。


そんなこんなで現在数学からやり直している。
そして最終的には数検なり、理系大学を受験しようと思う。
大学の活動との両立は大変かもしれないが、自分よりももっと大変な思いをしてる方は沢山いるはずだ。
それを考えれば両立は不可能ではないはずで、電車でボーっとしてる時間、グダグダと時間をつぶしてる時間から二~三時間はひねり出せるはずだ。


突拍子のないことを自分でも言っていると思う。
でも、思いたってしまったら行動するしかないだろう。
結局、過去の自分が犯してしまった間違いというのは自分で回収なり改修してくしかないのだから。

Posted at 03:21:36 | 受験関連 | コ:3 | ト:0

2005年06月27日

LIVE 8 JAPAN (BlogPet)

きょうそくらてすが開催したかった。


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「そくらてす」が書きました。

Posted at 09:02:32 | 一般 | コ:0 | ト:0

2005年06月27日

LIVE 8 JAPAN

LIVE 8 JAPANは幕張メッセにて開催される。7月2日の14時開演、国内外のビッグ・アーティストの参加が予定されている。現在参加が決定しているアーティストはDef Tech(デフテック)、DREAMS COME TRUE(ドリームズ・カム・トゥルー)、RIZE(ライズ)及び海外からはGood Charlotte(グッド・シャーロット)、McFLY(マクフライ)そして、Bjork(ビョーク)。Bjorkは今回が実に2年ぶりのライヴ・パフォーマンスとなる。追加の参加アーティストは、オフィシャルサイトにて順次発表されていく予定。公式サイトより引用。

チャリティー目的で世界で開催されるLIVE8の日本版LIVE8 JAPANが開催されます。
入場料は無料ですが、チケットは抽選制です。
しかもエキサイトチケットに登録しなくてはならないので個人的には抽選に参加するか微妙なのですが、なかなかのメンバーがそろっているので聞いてみたい気はするんですよね。
どちらにせよ締め切りは6/29なのではやく決めなくてはなりません。
まぁ、抽選に参加してもあたる確立は相当低いので変わらないかもしれませんが(^^)

「音楽は国境を越えて」とか「音楽は世界を救う」とか、奇麗事にすぎないとは思いますが限りなく美しいな、なんて感じる今日この頃でした。

Posted at 06:08:26 | マルチメディア | コ:0 | ト:1

2005年06月27日

蟲師アニメ化!?

4063143813.01._PE_SCMZZZZZZZ_.jpg

友人のブログ経由で知ったのだけど、自分の好きな蟲師という漫画がアニメ化するみたいですね。
・・・で、正直な話あんまり嬉しくないんですけど。
蟲師は特徴的な絵柄と地味な話でも丁寧に書き込んであるのが魅力だとおもうのですが、それをアニメでどれだけ表現できるのか考えると正直「?」なんですよね。
漫画全体に流れる独特な雰囲気は何かが欠けてしまった瞬間に壊れてしまうような気がするので、漫画のファンとしてはきちんと作って欲しいなと思います。
・・・というか蟲師ってあまり大衆ウケする内容ではないと個人的には思うのだけど、何故コレをアニメ化するんだろう?

Posted at 05:27:33 | マルチメディア | コ:0 | ト:0

2005年06月27日

ものすぽると!でACIDの曲が

いまの時間に眠ってしまうと朝に確実に起きられなくなってしまうので起きていることにして、テレビを見ながらぐだぐだと時間をつぶしていたところものすぽると!という番組でACIDの曲が使われているのに気付きました。


気になって調べてみたところいつのまにかアルバムまで出ているようですね。
これは買わねば!
ACIDのホームページ自体は結構前から存在していたのですが、CD発売の報がなかなか書き込まれなくて心待ちにしていたんですよね。
どこで流通してるのかよく分からないので調べていたら、とりあえず
新星堂で扱っているのは発見したのですが、ちょっと近場にないので、近場にあるTUTAYAで扱っていてくれると助かるんですがね。
とりあえず今日はTUTAYAや他のCDショップを覗いてみようと思います。
いざとなったら、通販ですね(><)

Posted at 05:05:22 | マルチメディア | コ:0 | ト:0

2005年06月27日

「あなたが発した寝言、聞いた寝言」

トラックバックテーマというのに参加してみようと思います。



自分の聞いた寝言で印象的だったのは中学生時代に林間学校で聞いたものです。

その日は山登りを終えた日でみな疲れてすぐに寝入ってしまったのですが、ここで一つの悲劇が自分に襲い掛かります。

隣のやつのイビキが異常にでかくて眠れないのです。

頑張って眠ろうとしたのですが、結局眠れないまま時間は過ぎていきました。

布団に入ってから二時間もたとうという頃、彼の口が不自然な音を発し始めました。

音にすると「むにゃむにゃ」といった感じでしょうか。

イビキでただでさえ気が立っていた自分はなかば切れ気味でそれを聞いていたのですが、暫くして彼の口から発せられた寝言は恐るべきものでした



「ママー、お腹すいた」



普段なら爆笑しているところですが、眠れなくてせっぱつまっていたのでそんな余裕はありません。

結局廊下へ出て月を暫く見ていることにしました。

すると見回りの教師がやってきて、「どうした?」とたずねてきたので、わけを説明して(どうせ眠れないくらいならと思い)別室の漢字書き取り(問題を起こした生徒が行う朝までひたすら漢字を書き取る行為)に付き合せてもらおうとしたのですが、それも却下されて部屋に戻されました。



いびきは相変わらずうるさかったのですが、そんな状況でも疲れからか眠りに落ちることが出来ました。

そして時間は過ぎ去り朝。

なぜかみんなが自分の顔を見て笑っています。

不思議に思い、友人に尋ねると、「お前五時ごろに大声でダァー!!って叫んだろ?」と言われました。

自分には記憶はないのですが、自分は確かにそういう寝言を発していたようです。

となりのやつに感じたイライラは結局寝言というカタチで現れてしまいました。

今でも思い出すのが恥ずかしい出来事です。

Posted at 03:42:32 | 一般 | コ:0 | ト:0

2005年06月27日

七色亜茶

ふとコンビ二で見つけて七色亜茶というのを飲んでみたのだけれど、これが意外に悪くない。
苦すぎず、甘すぎずの塩梅が結構いい具合に調整されているように思える。
で、そんなことを思っていたら今日この製品のCMを始めて見たのだけれど・・・またかよ(TT)
いい加減CMに多様のし過ぎで個人的には見飽きた感があるのですが・・・

もしかしたら女性も松嶋奈々子を見て同じようなことを感じていたのかもしれませんね、彼女も一時期出過ぎ感があったので。
なんにでも対応できるマルチなタレントというのは素晴らしいと思うのですが、この場面にはこの人しかないというような人をぜひ発掘しみてほしいものです。

話を本筋に戻して、七色亜茶結構おいしいのでぜひ一回試してみてください(^^)

Posted at 02:39:09 | 一般 | コ:0 | ト:0

2005年06月25日

いよいよ本番

いよいよ本番の朝となりました。
一回の睡眠で、失敗する夢を三回ほど見た気がしますが、まぁ気にしない方向で(TT)。
なんだかんだいって緊張はしていますが、いまのところは心地よい緊張です。
とりあえず一限は大学の授業を受けてからコンサート会場へと移動するので、まずは大学に出席します。
・・・ぶっちゃけ面倒なんですけどね。
では行ってきます。

Posted at 08:16:01 | 一般 | コ:0 | ト:0

2005年06月25日

風姿花伝貸りてきました。

世阿弥の書いた風姿花伝という本を大学の図書館から貸りてきました。
一応能の理論書ではあるのですが、実は話はもっと深いところに及んでいて舞台に立つものの心構えや、美の本質など広い範囲をカバーしています。
高校時代にテストの問題などで文章の一部を読んだことがあるのですが、その内容にはなるほどと思わされることばかりでした。
芸術という難しい話をテーマにしていてここまで分かりやすく解説しているのはさすがだなと思います。
とりあえず長い電車通学の時間に読み進めてしまおうと思います。
二週間で読み終えられるかどうかは甚だ疑問ですが(^^;)


これを読み終えたら次は田沼意次に関する本を読んでみたいと思っています。
彼の重商主義は結局世相に受け入れられなくて、失敗したうえに賄賂政治だという評価が下されていましたが、最近はそれが見直される傾向にあります。
むしろ資本運用において町人を利用した彼の政治の進歩性は再評価されているのです。

自分は彼は一種の天才だと思っています。
考え方がアバンギャルドすぎて受け入れられることこそありませんでしたが、彼の持っていた独自の視点は当時他に持つ者がいないものだったと思います。
だからそんな彼の考えかたを知っておくのは悪くないと思うのです。
あわよくば自分も彼のような独自の視点を開眼したいなと思います。

Posted at 01:34:53 | マルチメディア | コ:0 | ト:0

2005年06月25日

合同コンサート

今日は自分の所属している男声合唱部及び音楽研究会の合同コンサートです。
まだ大学なんて入ったばかりのような気がしている自分には随分と唐突なことに感じられてしまいますが、今日の夕方には自分は舞台に立っているのです。
現時点から緊張しているとかそういったことはありませんが、やはり不安はあります。
ただ先輩方が「何よりも楽しんでやろう」と言ってくださったので、それも大分軽減されています。
正直な話、始めたばかりで音をちゃんと取れているかなど不安要素満載なので、明日は先輩の音に頼らせてもらおうと思っています。
本当頼りがいのある先輩が多くて助かります。
なんか自分とは器が違う気がしてしまうんですよね、たかが二~三歳しか違わないのにあの落ち着きは何なのでしょうね。
ま、そこらへんはいずれ追いかけるとして、今は目の前のことです。
とりあえず気楽にカジュアルに決めてきます(^^)。

Posted at 01:12:11 | 一般 | コ:2 | ト:0

2005年06月24日

五階から赤ちゃん落下

5階窓から9か月女児投げる、42歳母親を逮捕…埼玉

もうニュースでも取り上げられたので大分話題になったと思うんですが、これ自分の地元です。
ニュースでその舞台となった団地が映し出されていましたが、見たことあるような光景ばかりでかなり生々しかったです。
どこの号棟かとかは隠してあるんですが、建物の色とかで結構見当が着いてしまうんですよ。
団地なのでありとあらゆる種類の人間が住んでいるとはいえ、こういう人が身近にいると思うとちょっと怖いです。
こんな事件ですが、唯一良かったことは赤ちゃんが生きていたことだと思います。
芝生が衝撃を軽減したのが良かったらしいです。
団地の周りに芝生が植えてあるところは結構ありますが、あれは伊達に植えてあるわけではないんですねー。
なんにしても命に別状がなくてよかった。

Posted at 03:28:16 | 一般 | コ:3 | ト:0

2005年06月23日

移転しました。

しばらくはこっちでブログつけてみようと思います。

ちなみに以前使用していたブログはこちら。
しばらくはこのままにしておきます。

Posted at 22:54:12 | 一般 | コ:3 | ト:0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。