スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted at --:--:-- | スポンサー広告 | コ:- | ト:-

2005年07月04日

頑張れ浪人組

今日帰りに駅にて浪人中の同級生に会いました。
彼は予備校帰りだったらしく駅から足で帰るかバスで帰るか迷っているところでした。
どうせならということで一緒に歩いて帰ることにしたのですが、その際様々な話をしました。
話してる中で軽く自分の大学を侮辱された気はしますがそこは軽く聞き流しましょうかね、そのくらいのほうがかえって頼もしいですから。
彼は浪人したからには早稲田大を目指すらしく勉強に燃えているとのことでした。
ただ、勉強に対してやる気を出せば出すほど手をつけたいものが雪だるま式に増えていってしまってわけが分からなくなってくるとも言っていました。
自分自身はあちこちに手を出して全部中途半端にしてしまうくらいなら基礎をがっちり固めてしまったほうが良いと思うのでその旨を伝えたのですが、こういうのって難しいですね。
基礎ばかりで応用が利かないのも駄目だし、応用問題ばかりやって基礎がないのも痛いし、要はバランスだと思うんですがそのバランス取りが難しいわけでなおかつそこには個人のタイプや好みが入ってきますからね。
結局自分で決めて自分で実行するしかないんですよね。


でも、自分で目標を高くしてしまったわけですから自分で責任を取るしかないんですよね。
ただ知り合いの浪人生は浪人生になった途端に早稲田を目指しだすやつが多いのですが、それ相応の覚悟を持ってやって欲しいなと感じています。
心を入れ替えなければやっぱり落ちると思いますから。
偉そうに色々なことを書いてしまいましたが最終的に言いたいのは
頑張れ浪人生、絶対合格!
スポンサーサイト

Posted at 21:27:31 | 受験関連 | コ:5 | ト:0

2005年06月28日

文型生は理系の夢を見るか

自分が文型を志した理由は一つである。
要するに理系の教科が出来なかったのだ。
高校に入ってから数学は置いていかれるし(その置いていかれかたと言えば、恒等式でもうわけがわかんなくなってるレベルだった。)、科学はモルの概念が意味ワカランだったし、物理はさらにひどい。
物理は発想力と閃きの教科だったから最初はそんなに難しくなかったのにも関わらず、サボりにサボって置いていかれてしまったのだ。


そして自分の中に一つの発想が生まれる。


(自分は数学が苦手なのではないか)と。


いやそんなことはずっと前から気が付いていた。
ただそれを認めずに努力でカバーするだけの気概が以前の自分にはあっただけだ。


人間は相対の中で生きている。
これをこの身で嫌というほど感じ取ったのは高校に入った後だ。
中学で常に成績優秀者上位五人に入っていたであろう自分は高校へ入ってあっという間に、成績不良者になってしまった。
自分は井の中の蛙だったのだ。
一時期は本気で死にたいと考えていた。
勉強ごときが出来ないくらいで死にたいと考えるのは間違いなく間違っている。
でもだからといってどうしたらいいのだ。
それまで「勉強が出来る人」という脆弱なアイデンティティしか持っていなかった自分からそれを取ったら何が残るというのだ。


何も残りはしない。
何も。
そんな自分でも皮肉なことに国語の成績だけはなぜか伸びていった。
それで自分は自分の才能に身を委ねるという安易な道を取ってしまった。
しかし理系に進みたかった自分は本来やりたくない文系の教科に最初魅力を感じなかった。
文系なんて口上を述べているだけで実行力のない胡散臭い集団のように感じていたのだ。
しかし、その考えかたにも変化が訪れる。
その最も大きな原因は尊敬できる教師に出会えたことだろう。
正直教師なんてみんな馬鹿でやる気のないやつばかりだと思っていた。
しかしその教師は考えが自分よりも数段深いうえに、恐ろしかった。
暴力をふるうわけではない、ただ人としての器の大きさの違いが恐ろしかったのだ。
そしてその教師に会ってからは文系教科を心から面白いと感じるようになり、大学にも進学することが出来た。
今なら文系学生として「理系なんて0+0も証明出来ない学問じゃん」(定理と言われればそれまでだが・・・)と言うことも出来よう。


しかし、しかしだ。
自分はやっぱり出来ないとしても理系の教科が好きで、分かるようになりたいのだ。
文系が楽しくなってからもその思いは常にあった。
で、先日ふと思いたった。
「出来ないなら、やればいいじゃん」と。


そんなこんなで現在数学からやり直している。
そして最終的には数検なり、理系大学を受験しようと思う。
大学の活動との両立は大変かもしれないが、自分よりももっと大変な思いをしてる方は沢山いるはずだ。
それを考えれば両立は不可能ではないはずで、電車でボーっとしてる時間、グダグダと時間をつぶしてる時間から二~三時間はひねり出せるはずだ。


突拍子のないことを自分でも言っていると思う。
でも、思いたってしまったら行動するしかないだろう。
結局、過去の自分が犯してしまった間違いというのは自分で回収なり改修してくしかないのだから。

Posted at 03:21:36 | 受験関連 | コ:3 | ト:0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。