スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted at --:--:-- | スポンサー広告 | コ:- | ト:-

2005年08月06日

野ブタ。をプロデュース

本屋にて数冊小説を購入してきました。
内訳は

4344003314.09._PE_SCMZZZZZZZ_.jpg
「ボロボロになった人へ」 リリー・フランキー

483557205X.09._PE_SCMZZZZZZZ_.jpg
「ピエロで行こう」 中園 直樹

4309016839.09._PE_SCMZZZZZZZ_.jpg
「野ブタ。をプロデュース」 白岩 玄

の三冊です。
「野ブタ。をプロデュース」は今度ドラマになるみたいなので知ってる人も多いのではないでしょうか。
とりあえず読後感としては「蹴りたい背中」に似たものがあるかも、同じようなネタを扱っているからだろうか。
まだ軽く流して読んでみただけなのでもう少しじっくり読んでみてから感想なり書くかもしれません。
で、気になるのがこの作品をどんな風にドラマ化するのかということ。
内容は全然「アリ」な話なわけだけれど、最後の場面を受け入れられるかどうかは結構人を選んでしまう気がするんですよね。
スポンサーサイト

Posted at 03:32:41 | マルチメディア | コ:0 | ト:1

2005年07月27日

ふと気づいた瞬間に

大学やらサークルの関係でレポートをいくつか書いていたんですが、そんなときふと思い立ったんですよ。
「そろそろブラインドタッチ出来ないかな」と。
自分がパソコンをいじるようになってから四年たちますから並の人ならとっくに出来るようになってもいい頃ですからね。
で、試してみたら・・・出来ました。
なんかいつの間にか出来るようになってたみたいです。
まだタイプミスが多かったり、速さが全然なのでこれから鍛えていかなくてはなりませんが。
で、最近こそやってなかったんですが自分が今までに使用したタイピングソフトの中でオススメのものをあげておこうと思います。

Fighting Typers

打打打

Flash Typist

Type Well シリーズ

最初は打打打から入ってFighting Typersあたりをゲームとして楽しんでいればある程度は上達すると思います。
では大学行ってレポート進めてくるかな。
こういうときノートパソコンって便利ですよね。

Posted at 10:44:55 | マルチメディア | コ:1 | ト:0

2005年07月26日

OS再インストール

desktop.jpg
少々PCの調子がおかしくなってきたのでOSを入れなおすことに。
元の状態に近づけるのに一日の大半を費やしてしまった、まぁ外はどうせ嵐だったので問題はないんですが。
で、どうせ使っていくうちに気にならなくなっていくんですが、インストール直後ってどうもデザインが気になるんですよね。
そんなわけで配色やら何やらいじって落ち着いたのが上の状態。
結局性格が出てしまってシンプルなのに落ち着くんですがね。
デスクトップって結構その人の性格が出ると思いませんか、たまに人のデスクトップを見ると面白いですよね。

Posted at 22:05:09 | マルチメディア | コ:6 | ト:0

2005年07月16日

ユニコーン

今日は自分の好きなユニコーンというアーティストから好きな曲を二曲ほど紹介。
興味を持たれた方はうたまっぷで「ユニコーン」でキーワード検索してくれれば出ます。

で、一曲目は「すばらしい日々」という曲。
カラオケで歌うと最高に盛り下がれます。
まぁ、どちらかというと自分よりももっと枯れた年代のための曲のような気もしますが、この年齢でもこの歌詞にはぐっとくるものがあります。
多分年齢を重ねるごとに感じ方が深く変わっていくのだろうと思います。

二曲目は「自転車泥棒」という曲。
歌詞は抽象的でどことなく掴みづらいですが、情景は浮かぶのではないかと。
ちなみにこちらはWhiteberryが後にカバーしています。
こちらの方が軽い感じなので、粘っこい声が嫌というかたはこちらを聞いてみても良いかもしれません。
この曲を聴くと恋をしたくなりますねぇ、もうすぐ夏ですもんね。

本気で追いかけたけど 僕は置いてきぼりさ

Posted at 08:14:40 | マルチメディア | コ:0 | ト:0

2005年07月14日

ゲームの達人

490043003X.09._PE_SCMZZZZZZZ_.jpg
ふと本棚を眺めると昔読んだゲームの達人という本が目に飛び込んできました。
自分がこの作品を読んだのは確か中学生くらいの頃だったのですが、その結末に背中が寒くなったのを覚えています。
登場人物の多くは一つの行動原理で行動していて、そのため次の展開も大体読めてしまうのですがそれでもこの作品には読ませるだけの魅力があります。
めまぐるしく場面が変調するスピーディな展開、罠に次ぐ罠。
話自体は少し長いですが、あんまり頭を使わずに読めるので時間が空いた時に読んでみてはいかがでしょうか。
今なら古本屋で安く手に入れられますしね。

Posted at 01:55:14 | マルチメディア | コ:0 | ト:0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。